ブライダルフェアってどんなもの?ブライダルフェアに行くべき理由


プレ花嫁に絶対役立つブライダルフェアとは?

会場選びをこれからするお二人にも、すでに会場が決まっているお二人にも、ぜひともおすすめしたいのが「ブライダルフェア」です。

ブライダルフェアには、結婚式のアイデアやヒントがいっぱい詰まっています!ここでは、「ブライダルフェアって実際どうなの?」について、レポートします!

たくさんの会場・メーカーが集まるブライダルフェアは必見!

個別の会場やホテルで開催されるブライダルフェアは、行くと予約を促されたりしてしまうことが多いので、会場選びを始めたばかりのカップルにはおすすめしません。もちろんすでにその会場で結婚式をすることが決まっていたり、予約済みの場合はフェア参加はもちろんするべきですが、これから会場選びをする場合は、たくさんの中から比較して選びたいですよね!

東京・名古屋・大阪を中心に、複数の会場やブライダルメーカーが合同で参加する、大きなブライダルフェアがあります。そういったのにまずは参加してみましょう。



ブライダルフェアって実際どうなの?何が見れるの?

2013年に、私が参加してきた「東京ブライダルフェスタ」の様子をレポートします!(4年前のもので申し訳ないですが、私はこのときにとても見応えがあるフェアだと思って満足度が高かったので、あえて2013年のフェアを取り上げてご説明します)

東京ビッグサイトで開かれた「東京ブライダルフェスタ」。私は初参加でした。

「結婚式の準備を楽しく決められる2日間」というタイトルがぴったりな内容でした!

この日のブライダルフェスタで見ることができたアイテムをご紹介します!日頃周りのお店や結婚式場でも置いていないものばかりなので、「こんなウェディンググッズがあるんだ!」と新発見の連続でした。

普段見ることができないウェディンググッズが勢揃い!

ブライズメイドドレス

デコレーションアイテム

ウェディングブーケ

高砂用装花

ウェディングアクセサリー

招待状などのペーパーアイテム

ウェルカムボード

ゲストサイン用のフラワーペン

プチギフト

両親への贈呈品(ギフト)

写真が入るメッセージカードつきでした。

和風・洋風のリングピロー

引き菓子

富士山の形のバームクーヘンも。

ティアラやネックレス・イヤリング

ウェディングシューズ

たくさんのウェディングドレス

ウェディングブーケ

体重ドールやミニこも樽などの披露宴演出アイテム

めずらしい、馬の体重ドール(干支にちなんだもの)

挙式演出アイテム(フラワーシャワーなど)

ゲストテーブルデコレーション

自分で手作りできるブライダルアクセサリー

手作りとは思えないほど、繊細な作りですね!

モデルさんによるウェディングドレスショー

お得な

花冠などのブライズアクセサリー

専門店のティアラやネックレス(この場で試着も可能)

試着もさせていただけたのでうれしかったです。

中でも私が一番気になったもの。繊細なデザインで素敵!

ティアラは普段、目にすることが少ないので、こうしてたくさんのデザインが一度に見られるのは本当に貴重な機会です。

最近は、レンタルではなく自分でティアラを購入して用意される花嫁さんも増えてきましたね。

ブライダルフェアに参加して学んだこと

この日はたくさんのお土産もいただいて、お菓子やアイスも無料でふるまわれているところもあり、とても楽しい2日間を過ごせました。彼と二人でデートにも本当におすすめです。

式場が決まってしまえば、ドレスや小物、引き出物などは自分たちが結婚式を挙げる式場が取り扱うアイテムに限られてしまうことが多いため、選択肢が狭くなります。それなら、会場を決める前に、こういった全国規模なフェアに参加して、気になるアイテムをメモしておいたり、ドレスだけでも持ち込みできないか、契約前にプランナーさんに相談したりが可能となります。

百貨店やデパート、そしてウェディンググッズ専門店でも置いていないアイテムが勢揃いするチャンスですので、ぜひ合同ブライダルフェアには参加してみてください。会場だけでなく数多くのブライダルメーカーが参加しますので、アイテム探しやアイデアをもらうにはぴったりな機会です。

気になるブライダルフェアを効率よく探すには?

大きなブライダルフェアは、開催が1年に1度だったり、都心に限られていたりするのですが、きっとみなさんのお近くでもお得なブライダルフェアが開催されています。ドレス試着ができるもの、試食ができるもの、花嫁DIYワークショップができるものなど、自分が希望する内容のブライダルフェアを探すには、インターネットが便利です。

都道府県別にブライダルフェアが探せるサービスなどを利用して、ためになる1日を過ごしてくださいね。

ゼクシィ



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

フォローする